オープンソースソフトウェアの悩みを解決する

最新のオープンソースソフトウェア情報と安心のサポート提供


Apache HTTP Server最新情報

バージョンアップ情報

Apache HTTP Serverのバージョンアップ情報

年間保守サービス

Apache HTTP Serverの年間保守サービス

導入支援サービス

Apache HTTP Serverの導入支援サービス

活用例・導入事例

Apache HTTP Serverの活用例・導入事例

バージョン情報

導入事例など

Apache HTTP Serverとは

Apache HTTP Serverとは、市場シェア50%以上を保っている世界中でもっとも多く利用されているWEBサーバソフトウェアです。
大規模サイトから個人でも利用されています。
初版は1995年にリリースされており、これまで多くのバグフィックスや脆弱性対策が施されています。
オープンソースソフトウェアだけでなく商用パッケージソフトウェアにも組み込みされていたりなど実績面でも信頼性の面でも非常に優れているオープンソースソフトウェアです。
世界中に数多くの追加モジュールが開発リリースされており簡単に拡張する事が可能で、拡張性と柔軟性も優れています。

Apache HTTP Server(アパッチ エイチテーテーピーサーバ)の現在の最新バージョン(GA)は、Apache HTTP Server 2.0.65、2.2.29、2.4.12 です。(2015年1月現在)

Apache HTTP Serverの特長

Apache HTTP Server(アパッチ エイチテーテーピーサーバ)は、次のような特長があります。

1) 豊富な実績

  Apache HTTP Serverは他のWEBサーバソフトウェアと比較しても圧倒的な利用率となっています。
  オープンソースにおける代表的な組み合わせであるLAMP(Linux+Apache+MySQL+php)にもApacheが組み込まれている事から、WEBサーバソフトウェアとしてはデファクトスタンダートと言えるソフトウェアです。

2) 豊富な機能、多数のモジュール

  Apache HTTP Serverには多数のモジュールが提供されており、簡単に機能拡張ができます。
  様々な言語に対応したモジュール、セキュリティ関連のモジュール、認証関連モジュールなど多岐に渡ります。
  ニーズによって機能を簡単に拡張できる点がApacheの特長です。

3) 高い信頼性&スケーラブル(パフォーマンス)

Apache HTTP Serverの信頼性とスケータビリティの高さは市場の圧倒的なシェアとなっている結果で判断できます。
  またアクセスの多いサイトの上位100万サイトの集計結果ではApache HTTP Serverは利用率は50%を超えている事からも、その事がうかがえます。

4) マルチプラットフォーム

  Windows、Linuxなど様々な環境で動作します。

Apache HTTP Serverのライセンス

ライセンス:Apache License

Apache HTTP Server(アパッチ エイチテーテーピーサーバ)ソフトウェアは、Apache(アパッチ)独自のライセンス規約を有します。Apache License(アパッチ・ライセンス)のコードが使用されていることの明記を条件に、ソースコードの自由な改変と公開が認められています。

Apache HTTP Serverの入手先

Apache HTTP Serverの最新版はApache HTTP Server Projectのサイトからダウンロードできます。
但し、Apache HTTP Serverの保守サポートをお考えの場合は、サポート提供企業の独自バイナリを対象している場合がございますのでサポート提供企業に対象バイナリをご確認ください。

Apache HTTP Serverの年間保守サポートに関するお問い合わせ

Apache HTTP Serverに対する有償サポートに関するお問い合わせはこちら

  

最新記事・コラム

最新バージョンアップ情報

-2.4系
2017-06-19 Apache HTTP 2.4.26


-2.2系
2017-01-13 Apache HTTP 2.2.32

関連ソフトウェア

関連脆弱性情報

関連資料リンク