オープンソースソフトウェアの悩みを解決する

最新のオープンソースソフトウェア情報と安心のサポート提供


Apache Subversion(アパッチ サブバージョン) 最新情報

バージョンアップ情報

Apache Subversionのバージョンアップ情報

年間サポート

Apache Subversionの年間サポートサブスクリプション

導入支援サービス

Apache Subversionの導入支援サービス

活用例・導入事例

Apache Subversionの活用例・導入事例

バージョン情報

導入事例など

Apache Subversion(サブバージョン)とは

Apache Subversion(アパッチ サブバージョン)とは、世界中で最も利用されているソースコードのバージョン管理や変更管理機能をもつ「集中型バージョン管理システム」の1つです。
Apache Subversionはオープンソースソフトウェアで提供されておりライセンス無償で利用する事ができます。

Apache Subversionはソースコードなどが変更になった際にリポジトリに記録し集中管理を行います。
開発者たちはネットワーク経由でリポジトリにアクセスしてソースコードを変更・記録し、Subversionによってバージョン管理されます。

Apache Subversion自体の開発はオープンソースコミュニティにてロードマップ、リリースプロセス、リリースレベルなどを定義して運営されている為に高品質なオープンソースソフトウェアとしても認知されています。

WindowsやLinux、Mac OS X、各種UNIXなど様々な環境で利用できるクロスプラットフォーム対応のソフトウェアですので簡単に導入する事ができます。

SubversionとGitとの違い

Apache Subversion

Apache Subversionは単一のリポジトリに対して変更・記録して管理されます。
開発者は単一のリポジトリからソースコードを複製し、修正を加えたものをリポジトリへコミット(登録)する事でバージョンが管理されます。



Git

Gitは複数の分散されたリポジトリに対して変更・記録して管理します。複数に分散されたリポジトリはネットワークを介して更新され同じ情報を保持します。開発者は上位リポジトリを複製した下位リポジトリに対して開発作業を行います。上位リポジトリとの同期をしなければフォークした独自ソフトウェアとしての開発を行う事もできます。リポジトリに対する自由度が向上する反面、運用ルールなどを決める必要があります。

傾向としては、企業内の開発にはSubversionを選択、複数の企業間やコミュニティでの開発はGitを選択するケースが多いようです。

Subversion(サブバージョン)の特長

1) 集中型バージョン管理システム

Subversionは単一のリポジトリであるのでリポジトリに対する様々な管理がしやすく、バックアップ/リストアなどインフラ面での運用の手間を軽減します。

2) バージョン管理機能

ソースコードなどのテキストデータ、オフィスソフトウェアや画像ソフトやCADなど作成したバイナリファイルなど管理する対象データを「構成要素」と言います。
Subversionは「構成要素」に対して変更が加えられたらバージョン(版番号)をアップします。
もちろん過去バージョンに戻す事もできます。


3) ベースライン管理機能

管理すべき「構成要素」に依存関係があった場合(例:プロジェクトにおける成果物:要件定義書、設計書、テスト結果など)はベースラインを設定する事によりバージョンを統一する事ができます。

ベースライン未設定

ベースライン設定後

最終的な成果物のバージョンが統一する為のベースライン設定は、今後のソースコードやドキュメントに対するメンテナンスのミスを軽減する事ができます。

4) 変更管理(構成管理)

各構成要素に対して変更された理由などの履歴を管理します。
この機能はソースコードやドキュメントなどに問題が発生した場合にトレースして問題が発生する前のバージョンに戻すなどに役立てる事ができます。

5) 他ソフトウェアとの柔軟な機能連携

Apache Subversionはオープンソースソフトウェアであるため柔軟に取り扱う事ができます。

プロジェクト管理システムとの連携(Redmine、JIRAなど)

  • 実績ではRedmine(プロジェクト管理)やJIRA(プロジェクト管理)との連携で開発プロジェクトにおけるソースコード管理や中間成果物、最終成果物などの管理を実現しています。

ITIL準拠のIT運用管理システムとの連携(OTRSなど)

  • ITIL準拠のOTRS(IT運用システム)との連携はサーバやアプリケーション、ミドルウェアの設定ファイルや運用マニュアル、インストールされているソフトウェアバージョン管理なども行う事ができます。

営業支援システムとの連携(vTigerCRMなど)

  • SFAであるvTigerCRMなどとの連携では、見積書、提案書、各種提出資料など最終提出資料をベースラインとして管理し、営業プロセスと提出資料を紐付けて管理する事ができます。

Apache Subversionのライセンス

Apache SubversionはオープンソースライセンスであるAPACHE LICENSE, VERSION 2.0となっています。

Apache Subversionの入手先

Apache Subversionの安定版、最新版は以下よりダウンロードできます。

Apache Subversionに関するお問い合わせ

Apache Subversionの技術相談・導入・サポートなどの各種ご相談はこちら

  

最新記事・コラム

最新バージョンアップ情報

■1.9.系
2016-11-29 Subversion 1.9.5


■1.8.系
2016-11-29 Subversion 1.8.17

関連ソフトウェア

プロジェクト管理  :Redmine
IT運用管理     :OTRS
分散型バージョン管理:Git

関連脆弱性情報

関連資料リンク