オープンソースソフトウェアの悩みを解決する

最新のオープンソースソフトウェア情報と安心のサポート提供


Ansible(アンシブル) 最新情報

バージョンアップ情報

Ansibleのバージョンアップ情報

年間サポート

Ansibleの年間サポートサブスクリプション

導入支援サービス

Ansibleの導入支援サービス

活用例・導入事例

Ansibleの活用例・導入事例

バージョン情報

導入事例など

Ansible(アンシブル)とは

Ansible(アンシブル)は、Infrastructure as code(インフラストラクチャ・アズ・コード)コンセプトに則った構成管理ツールで、文字通り、インフラ構築をコードベースで行います。具体的にはサーバOSの設定や、ミドルウェアのインストール、デプロイ までを行います。Ainsibleは元々Ansible, Inc.で開発されていましたが、現在はM&AによってRedhat, Inc.傘下となっています。

Ansibleでは、この設定をPlaybookという可読性の高い形でコード化しており、ネットワークを介して、様々なサーバに対して処理を行わせることができます。Ansibleは、Playbookを元に、設定先のコンピュータに対してSSHポートを経由して設定を実行します。Ansibleの特徴の一つとして、「エージェント・レス」を挙げられます。Playbookに定義された処理を実行するのに、実行する側のマシンに特別なソフトは不要で、sshpythonの環境があればOKです。

Ansibleの構成

Ansible

Ansibleはコントロールのノードから、リモートでターゲットサーバの構成を変更します。
ターゲットには、SSHで接続します。Windowsサーバの場合はSSHではなく、Windows Remote Managementを経由します。




Ansible(アンシブル)の特長

1) エージェント・レス

同ジャンルの著名なソフトウェアであるChefでは、実行ノードに対してエージェント・ソフトウェアをインストールする必要がありますが、Ansibleでは特別なソフトウェアは不要となっています。これはAnsbileが選択される非常に大きな要素となっています。

2) Playbookの可読性

実際のコードを記述するPlaybookはYAMLという形式で書かれます。これがシンプルでわかりやすいため、習得が容易です。

3) シンプル

設定ファイルが少なく、記述もわかりやすいため、扱いやすいです。

4) Windowsサーバ対応可能

WindowsサーバにはSSHが入っていないが、代わりにWindows Remote Management(WinRM)を使用して、そこからWindows PowerShellを介して実行します(Pythonのライブラリは必要)。なお、コントール側(実行を指示する側)のAnsibleはLinux(Redhat, CentOS, Debian)、BSD、MacOSで動かします。

5) 商用サービスが用意されている

Ansibleはオープンソースソフトウェアであるため柔軟に取り扱う事ができます。
Redhat社より、Ansible Towerがリリースされており、商用サブスクリプションも利用可能。リッチなGUIが面が用意される他、ロールを使ったアクセス権の制御、ジョブスケジューリング、RestAPIなどが用意されている。Ansibleをリプレースするのではなく、アドオンの位置づけとして用意されている。

Ansibleのライセンス

AnsibleはオープンソースライセンスであるGPL, VERSION 3.0となっています。

GPL

Ansibleの入手先

Ansibleの安定版、最新版は以下よりダウンロードできます。

Redhat 6/7 - yumでインストール
# install the epel-release RPM if needed on CentOS, RHEL, or Scientific Linux
$ sudo yum install ansible

Ubuntuは、PPAから取得します。まずはPPAをリポジトリに設定し、
$sudo add-apt-repository ppa:ansible/ansible
$sudo apt-get update
その後、apt-getでインストールします。
$ sudo apt-get install software-properties-common
$ sudo apt-add-repository ppa:ansible/ansible
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install ansible

その他、こちらへ。

Ansibleに関するお問い合わせ

Ansibleの技術相談・導入・サポートなどの各種ご相談はこちら

  

最新記事・コラム

最新バージョンアップ情報


2017-06-02 Ansible 2.3.1 及び 2.1.6

関連ソフトウェア

プロジェクト管理  :Redmine
集中型バージョン管理:Subversion

関連脆弱性情報

関連資料リンク