オープンソースソフトウェアの悩みを解決する

最新のオープンソースソフトウェア情報と安心のサポート提供


WildFly 最新情報

2019.9.12 Wildfly17.0.1がJakartaEE8の認定を受けました。

バージョンアップ情報

Tomcatのバージョンアップ情報

年間保守サービス

Tomcatの年間保守サービス

導入支援サービス

Tomcatの導入支援サービス

活用例・導入事例

Tomcatの活用例・導入事例

バージョン情報

導入事例など

WildFly(ワイルドフライ)とは

WildFly(ワイルドフライ)とは、JBoss AS(コミュニティ版)とJBoss EAP(エンタープライズ版)との混同を避けるため2014年4月にJBoss ASが改名された名称です。
その為、名称が変更されたのみとなっており、開発コミュニティ(オープンソースプロジェクト)やソフトウェア自体などJBoss ASと変わりません。

WildFly (旧名:JBoss AS) については、JBoss ASページをご参照ください。

WildFlyの特長

WildFlyの特長については、JBoss ASページをご参照ください。

WildFlyのライセンス

ライセンス:LGPL

JBoss AS及びWildFlyはオープンソースライセンスのLGPLとなります。

WildFlyの入手先

WildFlyの最新版はコミュニティのサイトからダウンロードできます。

WildFlyの年間保守サポートに関するお問い合わせ

WildFlyに対するサポートサービスに関するお問い合わせはこちら

  

最新記事・コラム

最新バージョンアップ情報

■18.x
2019-11-14 Wildfly 18.0.1

■17.x
2019-7-7 WildFly 17.0.1

■16.x
2019-2-27 WildFly 16.0.0

■15.x
2019-1-5 WildFly 15.0.1

関連ソフトウェア

WEBサーバー     :Apache
アプリケ−ションサーバ:Tomcat
アプリケーションサーバ:WildFly
開発フレームワーク  :Sturts

関連脆弱性情報

関連資料リンク